家族向けの無料お出かけスポット第2弾!グリコピアイースト工場見学

こんにちは
今日は5月26日(金)最近天候が悪い日が続いていますね。

2023年の関東の夏

2023年の関東の梅雨入りは6月7日付近だそうです。
そして梅雨が明けると夏到来。
先日も5月なのに30度を超える日がありましたが2023年の夏も暑くなりそうですね(>_<)

どんどん電気代も上がり今年の夏もエアコンやらなんやらで電気代を心配されるご家庭も多いのではないでしょうか。

家族向けの無料お出かけスポット第2弾

ではそんなご家族の出費を少しでも減らせるよう今日は前回かきましたブログ[ 無料!千葉の家族向けお出かけスポット【わくわくファクトリー・グリコピア CHIBA工場見学】]に続いて“家族向けの無料お出かけスポット第2弾!グリコピアイースト工場見学”をご紹介させていただきます(^^)

グリコピアイースト工場見学

ここはポッキーとプリッツを作っている工場になります(^^)
埼玉県北本市中丸9丁目55番地にあって習志野市鷺沼あたりから車で向かいますと約2時間くらいかかります。

そしてこちらがグリコピアイースト工場!!!
エントランスには2台の“グリコワゴン”が置いてあります。

グリコワゴン

ところで2台並んでいる“グリコワゴン”ですが・・・皆様“グリコワゴン”ご存知ですか?

グリコワゴンは子どもたちの健やかな成長の支援を目的としたグリコ独自の社会貢献活動の一環で全国の子どもたちに「お菓子を通して笑顔を届ける」取り組みをしているそうで実際に全国を走っているキャラバンカーだそうです。

グリコはそんな活動もしていたんですね(^^)
確かにお菓子は人を笑顔にしてくれますもんね(≧▽≦)

グリコワゴンの後ろはこんな可愛い感じになっていて、話しかけると光ったりして反応してくれます(^^)

カレッジホール

一番最初に建物の中に入り受付を済ませます。
そしてカレッジホールというエリアで案内されビデオ見学が始まります。

1本目のビデオは江崎グリコの社名が“グリコーゲン”に由来していること。
(グリコーゲン≒ブドウ糖の分子がグリコシド結合によって重合し、枝分かれの非常に多い構造になった高分子) 
2本目のビデオはチョコレート誕生物語。
紀元前からあったカカオ豆がヨーロッパに渡って大きく発展し、今日のようなお菓子になったというお話しでした。

グリコーゲンとかうまく説明出来ませんが実際は子供にも・・・ジジイにもわかりやすいビデオで楽しく学習出来ました(^^)

続きは後日

では文章が長くなってしまいましたのでまた後日続きを書きたいと思います(^^)
ちょっと遠いですが孫はたくさん楽しめていた様子でしたので小学生くらいまでのご家族の方にはオススメの無料のお出かけスポットかと思います(^^)
またよかったら続きをご覧いただけると幸いです。

関連記事

  1. 価格以上!富士山が臨める日本平ホテルのティーラウンジ

  2. 不動産会社あるある『あの空家って売ってくれないですかね?』

  3. 千葉西税務署

    確定申告をして税金を取り戻すことができました!|習志野市の空き家のご相談は青葉住宅販売にお任せください。

  4. 特定空家に認定されてしまう流れ

  5. ヨコヤマ

    【習志野市の観光スポットベスト5】習志野市生まれ習志野市育ちの私が考えてみた!

  6. 習志野市の空き家

    空き家対策の選択肢|習志野市の空き家のご相談は青葉住宅販売にお任せください。